ハイパールールレール搭載車だけど、ルーフテントが欲しい。

私は、日産のエクストレイルに乗っています。
趣味でちょこちょこキャンプに出掛けたりしていますが、最近話題(?)のルーフテントが無性にほしい。
ただし、私の車は、ハイパールーフレールという天井にライトがついており、ここを避けるようにルーフテントを設置する必要があるため、市販のルーフテントなどはサポートされていない。
ということで、ぼちぼち自分で作ることにした。
何部構成になるかわわかりませんが、地道にやっていきます。

ちなみに、赤い四角い枠の中が、ハイパールールレール。

ベースキャリア取り付け(準備)

まずは、ルーフテントを取り付ける前に、土台となるベースキャリアを取り付ける必要がある。

【材料】

  1. カラー角パイプ(40mm x 40mm x 1000mm)
    家に転がっていたものを切断し、使用
  2. M6ボルト
  3. 大きめのM6ワッシャ
  4. ゴム板
  5. 塗料
  6. 端っこの蓋(写真の黄色いの)

まずは、固定用のボルトを通す穴を開けていく。
素人故、まっすぐ開けるのが難しいので、慎重に。

ベースキャリア取り付け

ハイパールーフレールのカバーを外すと、以下のようにベースキャリア取り付け用の穴が出てくる。そこに先ほど、穴を開けたベースキャリア(カラー角パイプ)をボルトで固定する。

これを前後左右で行えば、取り付け完了。

次に、もともとついていたカバーが、ベースキャリアに干渉するため、干渉する箇所をカットする。
干渉位置を要確認。

余分なところに傷をつけないように慎重にカット。

最後に、カラー角パイプを黒く塗装して、固定して、カバーをして完成。

以下のように、ベースキャリアの位置がハイパールーフレールの位置より低いところにあり、ルーフテントが干渉して取り付けることができない。
そこで、かさ増しにアルミフレーム(30mm x 30mm)を適当な長さにカットして挟んだ。
これで、ハイパールーフレールにルーフテントが干渉しないようになった。

次回、自家製フールテントの構想について記事にしようと思います。

それでは。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です